Samsung Gear IconX(2018)を半年間使い倒したのでレビューする。

日本ではあまり有名ではないSamsung Gear IconX(2018)。

発売されてから半年ほど経ちました。

僕は今までにいくつかワイヤレスイヤホンを使用したことがあるんですが、この機種はめちゃくちゃオススメですよ。

ちなみに今まで使用したことがあるワイヤレスイヤホンは

APPLE AIRPODS

 

BOSE SOUNDSPORT WIRELESS

正直AIRPODSは論外。

僕の使用用途は音楽のリスニングなので使用用途が全く合いませんでした。

音質が酷いというかなんというか。。

うん、正直ひどい音質です。

まああんまり期待はしてなかったんですが。

購入してから一週間でメルカリ行きでした。

 

BOSE SOUNDSPORTはめちゃくちゃ使い倒しました。

リスニング用として文句なし。

しっかり低音も出るBOSEの音質で気に入っていました。

ただ、完全なワイヤレスではなかったのでそこの部分がネックでした。

 

完全なワイヤレスイヤホンを探していた所で当時新発売のSamsung Gear IconX(2018)を見つけました。

この機種って3代目なんですよ。

日本だと全く有名ではないこのシリーズ。

海外のレビューを見ると評判が良かったので試しに購入してみた次第です。

今回はSamsung Gear IconX(2018)を半年間使い倒した上で紹介していきます。

スポンサーリンク

Samsung Gear IconX(2018)のスペック

主なスペックの抜粋です。

bluetooth規格:4.2

搭載センサー:赤外線センサー、タッチセンサー、加速度センサー

重量:本体 約7.5g     ケース 約50g

バッテリー:本体 左右それぞれ84mAh     ケース 340mAh

駆動時間:5時間 単体での音楽再生時7時間

本体ストレージ:4gb

接続端子:USB TYPE-C

 

外観の比較

他の有名なワイヤレスイヤホンと装着時の外観比較をしてみましょう。

まず世界で一番有名であろうワイヤレスイヤホン、APPLE AIRPODS

これ横からの見た目はまあまあいい感じに見えるんですが、

真正面から見ると

耳からうどんですね。(ホントに)

僕はこのデザインがどうにも受け付けられませんでした。

 

次はBOSE SOUNDSPORT FREE

この写真だとわかりにくいかもしれないですが

これ結構デカイ

耳から普通にはみ出します。

BOSEの音質は好きなのでワイヤレスイヤホンを購入する際、この機種を購入する予定でした。

家電量販店で試着させてもらったんですが、どうにもこの耳からボコッとはみ出る感じが無理でした。

 

さてでは本命Samsung Gear IconX(2018)。

耳への収まりが自然なんですよ。はみ出ないし。

実際購入してつけた感じも写真の女性みたいになりました。

 

装着感は重さも感じず、特に違和感もないです。

 

十分な駆動時間

普通に音楽を聴きっぱなしの状態で4、5時間持つので通勤時間は充電しなくても余裕で持ちます。

もし電池が切れてもケース自体にバッテリーが入ってるのでケースにイヤホンを入れると充電できます。

ケースでの充電は大体フル充電二回くらい可能です。

ケースで充電をしている間は

LEDが赤く光ります。

充電が終わるとこのLEDが緑色になります。

タッチでの操作

AIRPODSのように本体にタッチで音楽の再生、一時停止、音量変更、電話の受話などができるようになっています。

慣れるまでは間違えて操作しちゃったりするんですが、慣れるとこれすっごい便利です。

 

予想以上に便利な”外音取り込み”機能

iconxはカナル型のイヤホンなのでイヤホンを装着すると外の音が聞こえづらくなります。

外音取り込み機能を使うとイヤホンのマイクが外の音を拾ってくれるのでイヤホンをつけた状態で外の音が聞こえます。

この機能はイヤホンで音楽を聴いている最中でも使えるとても便利な機能です。

専用アプリ”GEAR MANAGER”から”周囲の音”で設定できます。

 

及第点をあげれる音質

さて、イヤホンで一番重要な音質ですが

音楽再生に使えるレベルかなといった感じです。

低音や高音が強いといったこともないバランスが取れた音です。

外出先で音楽を聴く分には全く問題ないレベルです。

一万円以上のイヤホンと比べるとあれですが。。

また、”GEAR MANAGER”にはイコライザーもあるので好みの音質に設定できますよ。

それ以外の機能

僕が気になったポイントはすでに紹介しました。

それ以外の主なポイントを紹介します。(箇条書きで)

・運動をイヤホンでサポートするコーチング機能

アプリと連動してランニングとかに使えるっぽいです。(使ったことないのでわからん)

・本体に4GBのストレージ搭載

これ初めに使った時にびっくりしたんですけどPCと接続するとストレージとして認識されるんですよ。

何に使うかっていうとこのストレージに音楽を入れてBLUETOOTH接続なしで本体のみで音楽再生できますよって機能。

この機能誰得なんでしょうか。。。

・10分の充電で1時間利用可能になる急速充電

これも必要になったシチュエーションがないです。

 

最後にまとめ

というわけでgear iconxを半年ほど音楽再生用として使い倒したんですが、

予想以上に良い買い物をしました。

完全独立のワイヤレスイヤホンなので左右でのズレが発生するのかと思っていたのですが、特になし。

ただ、ごく稀に片方の耳だけ接続が悪くなり、一瞬音が途切れることはあります。ほぼ起こりませんけどね。

ケースも小さく軽いのでポケットに気軽に入れられます。

まだ発展途上のワイヤレスイヤホンですが現状ですとこの機種は

買い

ではないかと思います。

コメント