歌ってみた・弾いてみた・DTM系動画の撮影方法

現在、YOUTUBEなどの動画配信サイト上にはたくさんの歌ってみた・弾いてみた・DTM系の動画がアップロードされていますね。

画質が良いものや音質が良いもの、クオリティは人によってそれぞれ異なります。

実際、こういった動画ってどうやって撮影しているんでしょうか?

 

スマホだけで録画する方法やPCを用いて撮影する方法などたくさんあります。

今回はいくつかの撮影方法と必要な機材を解説していきます。

スポンサーリンク

スマホ・iphoneのみで撮影

これが一番ハードルが低いやり方。

ただスマホ・iphoneのカメラとマイクを使って撮るだけです。

一番お手軽、かつお金がかからない方法です。

またスマホ・iphoneなので簡単に持ち運びできますね。野外でのパフォーマンスを撮る際なんかにも便利です。

必要なものは三脚くらいだと思います。

現行のスマホ・iphoneのカメラの画質はコンデジと比べても遜色ないくらいなので画質面は全く問題なく綺麗に撮れます。

 

ただ、デメリットとして上げるなら音質が良くないです。

スマホ、iphoneのマイクは音楽を録音するためのものではないです。

もし音質が気になるようだったらスマホ・iphoneに直接接続できるマイクがあります。

こういったものを使うだけで音質を改善できます。

設定もなくスマホ・iphoneと接続するだけで使えます。

スマホ・iphone用のオーディオインターフェイスを使って撮影

オーディオインターフェイスとはマイクの音やギター、シンセサイザーの音などを録音できる機材です。

スマホ・iphoneに直接接続できる専用のオーディオインターフェイスがいくつか発売されていますのでそれを使います。

YAMAHA AG06をiphone、ipadでオーディオインターフェイスとして使う
そして、購入してから知ったんですが素晴らしい機能を見つけてしまいました。 このミキサー、iphone・ipad用のオーディオインターフェイスとして使えるんです。 これが思った以上に便利だったので使い方を紹介します。 ちなみに今回紹介するのはyamaha ag06ですがyamaha ag03でも同じ使い方ができます。

 

ちなみにこの方法もPCが必要ないです。

マイクで録音したい場合はマイクが別途必要です。

スマホ・iphoneのカメラで撮影、音はオーディオインターフェイスで録音するので音も綺麗に撮れます。

基本的に特に難しい設定がなくオーディオインターフェイスは接続するだけでスマホ・iphoneですぐ使えます。

初期投資は若干かかりますが、綺麗な動画が簡単に作れるので初心者の方には一番オススメな方法です。

オーディオインターフェイスを使ってPCで撮影

この方法になるとガツンとハードルが上がります。

しかし、今回紹介している方法の中で一番音質が綺麗に撮れます。かつ、DAWソフトを使ったりもできますので一番自由度が高いです。

 

まず、大前提としてPCが必要です。

音に関してはオーディオインターフェイスでとる形になります。

オーディオインターフェイスは沢山のものが発売されています。(正直ここでは紹介しきれないので別の記事で今度紹介します)

自分の用途に合った物を購入しましょう。

動画に関しては別で撮る必要があります。

画質もとにかく綺麗に撮りたければ一眼レフデジカメ、またスマホ・iphoneで撮る方法もあります。

 

このやり方は画質、音質共にクオリティが高いものが作れるんですが、動画と音が別になっているので編集作業が必要になってきます。

 

ちなみに僕はiphoneで撮影、RME FIREFACEを使って録音しています。(このやり方も別途紹介します)

一眼レフデジカメで撮影

一眼レフデジカメを使う方法は画質にこだわる方にオススメです。

一眼レフデジカメには外部入力が付いています。

外部入力に

こういったマイクをつけると綺麗な音で撮れます。

 

また、更に音質を良くしたければ一眼レフデジカメ用のPCMレコーダーというものがあります。

専用カメラを使って撮影

ミュージシャン向けのマイクがついているカメラがあります。

演者の手元に置いても全体が写るようにワイドレンズでできています。

 

 

以上、歌ってみた・弾いてみた・DTM系動画の撮影方法でした。

今後僕自身がやっている方法や、動画の編集方法なども紹介していきたいと思います。

コメント