Ableton Live 10のCAPTURE機能がドラムを組むのに便利すぎる

Ableton Live 10から実装されたCAPTURE機能。

 

Ableton Live 10が出たばかりの頃はあまり使っていなかったんですが、

ドラムを組むのに使うととても便利ということが判明して以来、とても重宝しています。

 

というか

Ableton Live 10で加わった機能で一番便利なんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

CAPTURE機能とは

録音ボタンを押していない状態でされたMIDI演奏をバックグラウンドで記憶してあり、

この四角で囲ったボタンを押すと直前に演奏していたMIDIを呼び出せる機能。

 

要するに

録音していない状態で演奏した内容を呼び出せますよという機能

別に録音ボタン押してやりゃ良いじゃねーかという話ですが、

適当に試し引きしてる時に面白いフレーズってできたりするんですよね。

あっ、このフレーズ気に入った。使おう!

という時にこのCAPTURE機能を使えば録音して演奏し直す手間が省けるわけです。

なんて便利!

DRUMを組む時に使うとめちゃくちゃ便利!

僕はCAPTURE機能は

DRUMを組む時にこそ使うべき

と思っています。

 

なぜかといいますと、

CAPTURE機能はシーケンスを再生していない状態でも使えるんです。

そして

シーケンスを再生しない状態で演奏した内容をCAPTUREする場合、自動的にBPMを検出してくれます。

 

これですよこれ。

 

一般的に曲を作る時ってBPMを決めてメトロノームをオンにして打ち込みをしていくと思います。(MIDIを自分で演奏して入力していく場合)

それをやらなくて良いんです。

 

試しで適当に叩いたDRUM LOOPがカッコよくて、それをいざ録音しようとメトロノームをオンにして演奏を録音してみると、

なんかノリが違う。。イマイチだな。

と感じたことありませんか?

 

これはメトロノームのカチッカチッというリズムに合わせてDRUMを叩いているせいなんです。

要するにメトロノームに演奏を邪魔されているんです。

 

手打ちで入力する場合、必ずズレが発生します。

このズレが良いグルーヴになったりするんです。

メトロノームがあると自由に演奏できないんですよね。

メトロノームのリズムに合わせて演奏しなければいけないという呪縛です。

 

僕はモタれたというかズレたDRUMを作ろうとしているのでメトロノームがすごい邪魔だったんですよ。

 

 

そこでこのCAPTURE機能の出番です。

シーケンスを再生していないMIDI入力を記録してくれているので、

適当に試しで演奏して良いなこれ、と思ったら

CAPTURE

これだけ。BPMも自動的に検出。便利すぎる!

 

 

というわけでCAPTURE機能についてでした。

 

アーティストでいうと

J DILLA

MADLIB

BUDAMUNK

辺りが作っているズレたDRUMを作りたいビートメイカーにはオススメです。

コメント