ableton liveでテープストップサウンドを作る

テープストップのエフェクトは沢山プラグインがありますが、ableton liveをお使いの皆さん、

実はプラグインなしでテープストップサウンドは簡単に作れるんです。

ではやり方を説明していきます。

まずオーディオファイルを準備。

ちなみにこのテープストップはオーディオファイルにしか使えません。

MIDIファイルはまずオーディオに書き出しちゃってください。

次に左下にある丸い波形マークの隣の矢印のようなマーク”エンベロープボックス”をクリック。

WARPモードを”Complex Pro”に変更。

エンベロープボックスの”Transposition Modulation”を選択。

これでエンベロープで曲のピッチを変更できるようになりました。

こんな感じでオートメーションを書きます。

曲線でカーブをきつめに書いた方がそれっぽくなります。

以上!終了!

どうです?簡単でしょ?

再生してみるとテープストップになってるはず。

あとはオーディオファイルによって自分なりにちょうどいいオートメーションを書くだけです。

 

このエフェクトは知っておくと本当に使えて便利です。

プラグイン使うより全然簡単なのでオススメです。

コメント